ゼクシィ縁結びパーティー

婚活パーティーに不慣れな人は、新しい婚活パーティーに参加することに不安を感じることでしょう。

そこで今回は、2015年からリクルートが開始した婚活パーティー「ゼクシィ縁結びパーティー」に実際に参加した体験談・口コミ・評判を混じえながら、婚活パーティーの全体像を詳しくお伝えしていきます。

 

リクルートは、お見合い調整を代行してくれる婚活サイト「ゼクシィ縁結び」、無料でプロに相談できる結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で話題になっていて、「ゼクシィ縁結びパーティー」にも注目が集まっています。

これから初めて婚活パーティーに参加する人でも、一般的な婚活パーティーの全体の流れを把握できるよう、婚活パーティーについて一連の手順・注意事項などについても順番に解説していきます。

 

1. 婚活パーティーへの参加申し込み

まずは、ゼクシィ縁結びPARTYで開催されるイベントを調べましょう。

首都圏では東京(新宿、銀座、青山、池袋、日本橋など)・神奈川(横浜、鎌倉など)、関西では大阪・神戸、東海では名古屋を中心に、評判の良い数多くの多彩な婚活パーティーが開催されています。

エリア・開催日・イベントの種類・性別・年齢などの条件から、参加したい婚活パーティーを選びましょう。Webサイトから簡単に申し込みができますので、パーティーの詳細を確認してあなたの希望条件に合った婚活パーティーがないか詳しく調べてみましょう。 

 

ゼクシィ縁結びパーティーは女性の参加料金が500円程度のお得な婚活パーティーもありますので、女性が気軽に参加しやすい婚活パーティーです。

今回は参加人数が男女20人ずつ、計40人定員の中規模の婚活パーティーを選んで参加しました。参加する婚活パーティーによって細かい条件は違いますが、全体的な流れはどの婚活パーティーでも共通点があります。今回の体験レポートは、婚活パーティーのひとつの体験談&口コミとして参考にしてみてください。

 

2. 婚活パーティーの服装・身だしなみ準備

婚活パーティー服装

参加登録が完了したら、当日の婚活パーティーに着ていく服装を準備しておきましょう。

服装の指定(ドレスコード)がある婚活パーティーもありますが、多くの婚活イベントは「清潔感のある服装」といった程度の指定です。

婚活パーティーに参加し慣れている人は、どんな服装にすれば良いか理解していると思いますが、はじめて婚活パーティーに参加する人は服装選びに悩んでしまうかもしれません。

そこで、男女別に婚活パーティー向けの服装・身だしなみについて、以下にポイントをまとめておきました。服装選びの前にあらかじめ確認しておきましょう。

2-1. 男性向け婚活パーティーの服装・身だしなみ

・普通の婚活パーティーであれば、ジャケット着用
・かなりフォーマルな婚活パーティーであれば、スーツにネクタイを着用
・ヘアスタイルは清潔感を感じさせるように、しっかり整えましょう
・ひげの好みは人によりますが、基本的には剃り残しがないように
・女性は匂いに敏感ですので、汗のにおい・口臭・体臭には十分に気をつけましょう

2-2. 女性向け婚活パーティーの服装・身だしなみ

・全体的にハデ過ぎない、シンプルな服装を心がけましょう
・男性が目のやり場に困らないような、露出が控えめな服を選びましょう
・対面で会話した時に、男性の目線に入る上半身に特に注意しましょう
・メイクは濃すぎずに、普段より少しオシャレにする程度に
・香水をつけるなら、ふんわり香る程度にしましょう

 

3. 婚活パーティー会場での受付

婚活パーティー受付

婚活パーティー当日は、受付の混雑やプロフィールカード記入の時間などを想定して、開始時間の15〜30分前には会場に到着するのが良いでしょう。

今回の婚活パーティーは、東京都心のお洒落なレストランの大部屋個室を会場にして開催されました。会場に到着したら、受付のスタッフに身分証明書(免許証・保険証など)を渡して、事前の登録情報と一致しているかチェックを受けます。

 

ゼクシィ縁結びパーティーのように参加者全員の身分証明書を確認してくれるところは、参加者が婚活パーティー参加の条件に合っているか・問題がある人はいないか、などをスタッフが受付の段階でチェックしてくれます。受付のチェックのおかげで、サクラを寄せつけずに、お互いに安心して婚活パーティーに参加することができるのです。

受付でのチェックが終わったら参加者番号がついた名札などをもらい、店内の席まで案内してもらいましょう。

 

4. プロフィールカードへの記入

婚活パーティー プロフィールカード

案内された自分の席に着席したら、プロフィールカードを記入していきます。

1対1のトークタイムの時にお互いのプロフィールカードを交換して、会話の話題(共通点・気になること・聞きたいことなど)をつくるための大事な情報源になります。自分のプロフィールを端的に相手に伝えることができる重要な婚活アイテムですので、丁寧に記入して会話に役立てましょう。

今回のゼクシィ縁結びパーティーで使用したプロフィールカードでは、下記の17項目のプロフィールを記入しました。

1.氏名
2.年齢
3.血液型
4.現在の住まい
5.出身地
6.最終学歴
7.職業職種
8.勤務地
9.年収
10.休日
11.身長
12.たばこ
13.お酒
14.趣味・好きなこと
15.兄弟構成
16.結婚歴
17.子ども

 

この中で「7. 職業職種」「14. 趣味・好きなこと」などは、トークタイムで話題に出ることが特に多いテーマです。相手に伝わりやすいように分かりやすく記入することで、相手とスムーズに話ができ、会話が盛り上がるようになります。

 

5. 1対1でトークタイム

今回のゼクシィ縁結びパーティーの1対1でのトークタイムは、異性の参加者全員と3分ずつ順番に話をしていきました。お相手と会話ができる時間も限られているので、何を話したいか事前に少し考えておき、限られた貴重な時間を有効に使っていきましょう。

 

5-1. 1対1トークタイムでの会話のポイント

トークタイムではお互いに交換したプロフィールカードを参考にしながら、共通の話題を見つけて会話をしていきます。例えば共通の「趣味・好きなこと」「現在の住まい」「出身地」などがあれば、それらを最初の話題にして会話を広げていくと良いでしょう。

女性にとってはお相手の「年収」などの仕事関係について、男性であればお相手の「年齢」「結婚歴」「子ども」など、それぞれ詳しく話を聞きたい気持ちになるかもしれません。

しかし最初のトークタイムでは相手に失礼な質問をしないように心がけることが重要です。まずは、お相手一人ひとりがどんな人なのか、会話を楽しみながら見つけていくことをオススメします。

 

5-2. トークメモへの記入

お相手との会話の時間が終わったら、自分の手元にあるトークメモに話をしたお相手の特徴を書き残しておきます。婚活パーティーでは短い時間で多くの人と話しをするため、会話した全てのお相手のことを鮮明に記憶することは不可能です。

婚活パーティーの最後には、想いを込めたPRカードを誰に渡すかを決めることになります。また、もし誰かからPRカードをもらい、婚活パーティー終了後にメールを送るときなどにも、このトークメモが非常に参考になります。

そのため、お相手と会話して印象的に感じたことは、トークメモに忘れずに書き残しておくことが重要です。

 

5-3. トークタイムの注意事項

20人ぐらいの中規模の婚活パーティーで、順番にお相手と会話をしていくのは、正直かなり疲れます。

単純計算ですが、「1人あたり約3分」×「 20人」とすると、「約60分間」も連続して話し続けることになります。しかも、もしかして将来結婚するかもしれない初対面の相手と、緊張しながら会話をするわけですから、心身共に疲れるのは当然です。

しかし、1対1のトークタイムは、お相手からの第一印象が決まる大切な時間です。せっかくのチャンスを逃さないように、たとえ疲れ切っていたとしても、もうひと頑張りして一人ひとり丁寧に対応していきましょう。

 

6. フリートークタイム

婚活パーティー フリートーク

参加者全員との1対1のトークタイムの時間が終わったら、次は自分が気になるお相手と話ができるフリートークタイムの時間です。

今回のゼクシィ縁結びパーティーでは、複数のお相手と話ができるように10分毎に席替えをして、計3回異なる相手とフリートークをする機会がありました。

先ほどの1対1でのトークタイム時に記入した手元のトークメモなども参考にして、もう少し話をしたい相手に積極的に近づきましょう。人気のある相手の近くには他の参加者も集まりますので、複数人で1つのグループになってフリートークをすることになります。

グループでのフリータイムはお互いに気を使いながら会話をすることになります。お相手の話を上手く引き出しながら、自分のことも印象付けられるように、積極的にアピールしていきましょう。

 

7. PRカード記入・連絡先交換

婚活パーティー PR

フリートークタイムも終了したら、次はいよいよPRカードを記入していきます。このPRカードとは、ご希望のお相手に「自分の連絡先」と「一言メッセージ」を添えて渡すカードです。

1対1でのトークタイムや、フリートークタイムで話をして気になるお相手にPRカードを渡しましょう。婚活パーティー終了後のメールのやりとりなど通じて、相手と恋人になるチャンスをつくれます。

今回のゼクシィ縁結びパーティーでは、記入したPRカードをスタッフに渡し、スタッフが封筒に入れて参加者にまとめて渡す形式でした。そのため自分のPRカードを渡したい相手に必ず届けることができました。さらに自分がPRカードを渡していない相手からも、PRカードをもらえるチャンスもある、ということです。

 

また、今回はその場でカップリングを発表する形式でもありませんでした。そのため、お相手に熱意のあるPRカードを送ることで、もし婚活パーティー中にお相手からPRカードを貰えていなくとも、婚活パーティー終了後にお相手から連絡をもらえるかもしれません。

つまり婚活パーティー中の、1対1でのトークタイム&フリートークタイムでお相手から良い印象を持ってもらうことさえできれば、婚活パーティー終了後に相手と連絡するチャンスを格段に広げることができるのです。

 

8. 婚活パーティー後のお相手への連絡

婚活パーティー メール

婚活パーティーが終了したら、トラブル防止の配慮のために、女性陣が先に会場を出てから男性陣が会場を出ていきます。このように運営側がきめ細かい配慮をすることで、サクラ対策は当然のこと、婚活パーティーで発生するトラブルを防止することができるのです。

 

誰かからPRカードをもらえた参加者は、なるべく早く相手にお礼のメッセージをお送りしましょう。このメッセージを送るときにも、婚活パーティー中に書き残したトークメモが活躍します。

ただ、人気のあるお相手は複数人からメッセージをもらって、対応に忙しくなっているかもしれません。なので相手がメッセージを返信しやすいように、相手に送るメッセージの内容も十分に気づかうことが重要です。

 

婚活パーティー後にメッセージを送る時には、下記の5つのポイントに注意しながら、焦らずに相手との良い関係をつくっていきましょう。

1.自分の参加者番号と名前:
(例)今日のゼクシィ縁結びパーティーに参加した、参加者番号◯◯の△△です。

2.話をして印象に残っていること:
(例)××さんと共通の趣味の□□のことで話をして、すごく盛り上がったことが印象的でした!

3.お礼:
(例)××さんと、たくさん話をすることができて本当に楽しかったです。今日はありがとうございました。

4.今後の約束:
(例)まずは友達として、メッセージでもっとお話させてもらってもいいですか?
(例)もし良かったら、今度の休日にお茶やお食事をご一緒しながら、もっとお話させてもらえませんか?
(例)ご都合が良い時に、一緒に共通の趣味の□□をしにいきませんか?

5.クロージングメッセージ:
(例)すぐにでなくても良いので、気長にお返事待っています。
(例)また一緒にお話できることを、すごく楽しみにしていますね。
(例)もっと××さんのことを知りたいと真剣に考えています。

 

婚活パーティーは結婚相手を見つける最初の一歩

今回はリクルートの婚活パーティーゼクシィ縁結びPARTYの体験談をまじえながら、今後はじめて婚活パーティーに参加する人の不安を解消できるよう、一般的な婚活パーティーの流れも含めてご紹介していきました。

リクルートが提供している婚活サイト「ゼクシィ縁結び」、婚活のプロに無料相談できる結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」と合わせて、「ゼクシィ縁結びパーティー」も今後さらに盛り上がっていくことが期待できます。

 

ゼクシィ縁結びについては『リクルートの婚活サイト「ゼクシィ縁結び」体験レポート』に、無料相談できるゼクシィ縁結びカウンターについては『ゼクシィ縁結びカウンター無料相談予約の体験談レポート』の記事に詳細をまとめていますので、合わせて確認しておきましょう。


×

 
×
パスワード再設定
×

Go up