【独身証明書】入手方法・申請書ダウンロード&書き方

結婚相談所などの婚活サービスに入会するときには、独身証明書が必要です。

そこで今回は、独身証明書の入手(申請)方法と、郵送で申請する時に必要な独身証明書申請書のダウンロード&書き方を詳しくご説明します。

 

独身証明書の確認ができない婚活パーティーなどでは、既婚者が独身者と偽って登録している可能性もあります。独身証明書があれば、あなたの信頼性を婚活相手に公的に証明できるのです。

まだ独身証明書を入手していない婚活中の人は、この記事を参考にして申請・入手して、あなたの婚活に活用してみましょう。

 

1. 独身証明書とは

独身証明書(結婚情報サービス・結婚相談業者提出用証明書)は、「現在独身であることを証明する」公的書類です。

主に結婚相談所や婚活サイトなどを利用する時に、あなたが既婚者でなく、独身者であることを証明するために提出が必要です。

 

2. 独身証明書を本籍のある役所で入手する

あなたの本籍のある役所(市役所・町村役場)に行き、窓口で独身証明書を申請・入手してください。免許証など、本人確認ができる身分証明書さえあれば、すぐに入手することができます。

もし本籍が分からない人は、住民登録してある近くの役所で住民票を発行し、本籍の記載を確認すると良いでしょう。

 

3. 独身証明書を郵送で申請・入手する

平日に役所に行くことができない人は、郵送で独身証明書を申請・入手しましょう。

下記4つの必要書類を本籍のある市役所・町役場宛に郵送してください。約1週間程度で発行された独身証明書が返送されます。

①本人確認書類のコピー
→公的書類で現住所が確認できる、免許証などのコピーが良いでしょう。

②独身証明書の発行手数料分の定額小為替
→郵便局で購入可能です。手数料は150〜400円程度ですが、役所によって金額が異なります。本籍のある役所のホームページで確認しておきましょう。

③返送用封筒
→独身証明書を返送してもらうため、80円切手を貼り、現住所・氏名を書きましょう。

④独身証明書申請書
→下記の「3-1.独身証明書のダウンロード」「3-2.独身証明書」を確認し、必要事項を記入して捺印しましょう。

 

3-1. 独身証明書申請書のダウンロード

 独身証明書申請書のダウンロード(Excel/PDF)

上記写真が独身証明書申請書です。下記のPDFダウンロードリンクを選択して、独身証明書申請書を保存・ダウンロードしてください。

→独身証明書申請書ダウンロード(PDF)

 

3-2. 独身証明書申請書の書き方

独身証明書申請書をダウンロードしたら印刷しましょう。独身証明書申請書の上半分が申請書で、下半分が独身証明書になります。

上半分の独身証明書申請書に記入して送付すると、役所が下半分に記入・押印して独身証明書として発行してくれます。

<独身証明申請書の書き方の注意点>
・宛先:「◯◯市長殿」など、本籍のある市区町村の代表者を記入してください。
・住所:現在の住所を記入してください。
・押印:氏名欄に必ず押印してください。
・本籍:番地まで正確に記入してください。
・筆頭者氏名:戸籍の筆頭者を記入してください。筆頭者は戸籍の1番目に書かれた人のことです。独身者のほとんどは両親の戸籍に入っているため、父親か母親でしょう。不明なときは、住民票を取得することでも確認できます。

 

独身証明書を入手・活用して、お互いの信頼性を高めよう

今回ご紹介した、独身証明書の入手(申請)方法を参考にすれば、簡単に独身証明書を取得して利用することができるでしょう。

残念なことに、既婚者が独身だと偽り、婚活サービスを悪用する被害は後を絶ちません。だからこそ、本当に独身で婚活中の人は、独身者証明書を入手・登録してあなたの信頼性を高めるべきです。

そして相手選びの時にも、しっかり独身者証明書を登録している相手を選ぶことで、安心して将来の結婚相手を見つけることができるようになります。

 

また、独身証明書も活用できる人気の婚活サイトを「婚活サイト比較&ランキング!ネット婚活おすすめ10選」で詳しく紹介していますので、合わせてご確認ください。


×

 
×
パスワード再設定
×

Go up