婚活半月で結婚相手と出会えたアラサー独女【婚活成功体験談③】

早く結婚したいと考えている人は、婚活を短期間で成功させた人の体験談から学びを得ると良いでしょう。

今回ご紹介する婚活成功体験談の第3話目は、楽天オーネットを利用して婚活半月で結婚相手と出会った、アラサー独女ななろくさんの体験談です。

 

婚活者本人が執筆した婚活成功体験談を読み、あなたが早く結婚相手を見つけるためのヒントを見つけてください。

 

アラサー独女ななろくさんの婚活成功体験談

アラサー独女ななろくさんの婚活成功体験談

ななろくさんのプロフィールページ(※ログイン後にアクセス可能)

 

楽天オーネット婚活半月で彼と出会った、ななろくさん

「こんにちは、「婚活半月で今の彼と出会いました」という婚活ブログを書いている、35歳のななろくです。

このブログでは、2013年に楽天オーネットで婚活を開始してから半月で未来の旦那さんとなる「彼」と出会い、入籍までの流れを綴っています。

 

友人が楽天オーネットで婚活をし、結婚をしたので私も楽天オーネットにしました。彼女の婚活を見聞きしていた私は「婚活」って大変そうだし、面倒だなと。そう思いました。

それなりに、恋人ができて、お付き合いした人と結婚話がでてくる自分には「婚活」は関係のないことだと思っていました。

 

「いい人がいたら、いつか結婚したい」とは思ってるけど「婚活」をしてまで結婚したいとは思ってない。

仮に自分が婚活するとしても、アラフォーで独身だったら・・・と当時32歳の私は考えていました。

 

婚活ドラマ「ご縁ハンター」で結婚できない自分の問題に気づく

そんなある日、何気なく見ていた「ご縁ハンター」というドラマで、観月ありさが扮する主人公の利香が「私を試してたのね?私は真剣にアナタと向き合ってたのに…」と良い感じになっている、年収と身分を偽っていた派遣会社社長とお別れします。

いや、そこは許そうよ。その社長とは年収云々抜きに、めちゃくちゃ気が合いそうじゃないの!!と、テレビに向かって思わず言ってしまいました。

 

ただ、この時私は思いました、利香の気持ちもわかるな。と。この頑なな気持ちがあるから今まで結婚できなかったのかなと。

今まで結婚できなかったのは、相手が悪いからじゃなくて、自分に問題があったんだよな。私、「いつか結婚できる」のかな。

この時、ふっとそんな考えになりました。

 

楽天オーネット入会時は33歳、結婚相手への希望条件は5つ

「いい人がいたら、いつか結婚したい」=「結婚願望がある」というふうに自分の気持ちを拡大解釈した私は、いつやるの?今でしょ!の当時流行語の流れそのままに楽天オーネットで婚活をすることにしました。

2013年5月、私が33歳の時です。

 

ただ、楽天オーネットに入ったから必ず結婚できるとは思っていなかったので、今までの恋愛を反省し、自分にはどんな結婚相手が良いのか、とことん考えました。

相手に求める条件は、下記の5つでした。

①年は12歳上まで、身長は176センチ以上(私の身長が176センチなので)
②年収は500万円以上。私は持病を抱えているので、悪化したらフルタイムで働けなくなるかもしれないので。
③子供は望まない人。(持病の関係上、子供は望んでいないのです)
④オタクに理解のある人。(オタクでなくてもよいけど、オタクをキモいと言わない人が良い)
⑤決断力のあるひと。

 

婚活アドバイザーさんからは身長か年収、どちらかにしなさい。と厳しく言われました。

けど、どうしたって両方を満たす人のプロフィールに目が行ってしまうので、暫く活動していい人に出会えなかったら、年収を下げることにしました。

 

身長は今までお付き合いした人達は自分より背の低い人達だったので、どうしても譲れなかったのです。

人生で一度くらい、自分よりも背の高い人とお付き合いしてみたい。そう思ったからです。友人に話しても、条件は厳しいと言われてしまいました。

 

楽天オーネットの紹介書・ラウンジ検索・掲示板で婚活開始

そんな中、楽天オーネットで活動を開始しました。楽天オーネットの紹介書からの申し込みやラウンジで検索してイイナと思った人達には自分から申し込みをし、掲示版をどんどん開設していきます。

十数人と楽天オーネットの掲示板で同時進行。文字でのコミュニケーションは苦手ですが、返事が来たら必ず返してました。

 

ですが、自分から会いましょうとは言いませんでした。(一人だけ会いましょうと言ってしまいましたが…)

希望条件『⑤の決断力のある人。』それは、「自ら私に会いたい」という決断を下した人。ここで判断しようと思ったからです。

 

面接、本交際の申し込み、お付き合い、同棲を経て入籍・結婚

いい感じでやり取りが進んでもなかなか「会いましょう」と言ってくれない男性陣。。。

会ってもイマイチだった人が一人、私は会いたいけど会いましょうと言ってくれない人が一人。その他大勢が十数人。

オタク趣味が合いそうな人が会いましょうと言ってくれたけど、良いお友達になれたらイイナという気持ちでした。

 

けど、オタクの人と会ってみて、一気に気持ちが変わりました。趣味のことから、仕事のこと、性格についてや、お金についての考え方など何でも話せました。

初対面の人との3時間があっという間。その日はスマートに家に帰してくれたのも嬉しかったです。

2回目に会った時に、彼から本交際の申し込みを受け、正式なお付き合いをスタートさせました。この時の彼の決断(私に本交際を申し込む)に私はトキメキました。

 

彼の「結婚前に同棲をしたい」という希望もあり、本交際から3ヵ月後に同棲開始。同棲から11ヵ月後にプロポーズ、プロポーズから3ヵ月後に入籍しました。

2015年11月には結婚一周年を迎えます。

 

婚活で勘違い(好みのタイプは自分に合わない)に気づけたから、今の幸せがある

活動前に今までの恋愛を振り返り、自分にはどういった人が良いのかということを考えたからこそ出会えた人だと思っています。

彼は、婚活を始める前の私のタイプの人ではなかったです。婚活前の私が相手に求める条件は、

1.身長は低くても良いから、細マッチョでお姫様抱っこをしてくれる人
2.共働きで家事も一緒に頑張ってくれる人
3.優しくて、なんでも私に相談してくれる人

でした。(彼は細いけどマッチョじゃないし、お姫様抱っこはできません。)

 

要約すると、見た目は男らしくて、私のことを優先してくれる人でした。私のことを優先してくれる人って、自分の意思が無く頼りない。と感じてしまうことになり、お別れすることになってました。

自分の好みのタイプが自分の性格に合っていなかった。これって、相手が悪いわけではなく、私が自分自身を勘違いしていたってことなんです。

このことを知ることができたから、彼と結婚することができ、今の幸せがあるのかなと感じています。

 

婚活中の人は自身の振り返りが、新たな出会いに結びつくかも

婚活が上手く行かない、良い人だと思ったけど結婚することは出来なかったという方がいたら、一度立ち止まって、自分自身を振り返られてはどうでしょうか。

貴方も知らなかったご自身の魅力や可能性に気がついて、新たな出会いに結びつくかもしれません。

この記事を読んでいただいた皆様の幸せを願っています♪」

 

婚活を成功させるヒントはつかめましたか?

今回ご紹介した、婚活半月で結婚相手と出会ったアラサー独女ななろくさんの体験談を知り、あなたの婚活を成功させるヒントはつかめましたか?

婚活が上手くいってない人は、「好みのタイプと相性の違い」「自身の振り返り」などについても本気で考え、結婚につながる新しい出会いにつなげていきましょう。

 

婚活成功体験談の第4話目は「あるアラサー婚活女性の愛・勇気・プライド【婚活成功体験談④】」をご紹介します。


×

 
×
パスワード再設定
×

Go up