一生独身

結婚することが当たり前の時代は終わり、一生独身でいる人が増えてきています。しかし、一生一人で生きる人生がどの様なものか、しっかり理解している人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、一生独身でいることのメリット・デメリットを男女それぞれ3つずつ紹介していきます。

「一生独身」または「結婚」のどちらを選ぶとしても、それぞれのメリット・デメリットを理解して後悔のない人生を選びましょう。

 

一生独身でいる男性のメリット

一生独身でいる男性のメリット

稼いだお金を自由に使える

一生独身独身でいる男性の大きなメリットは金銭面の自由です。結婚すると大半のお金を家族のために使うようになり、独身時代のようにお金を自由に使えなくなります。

働いて稼いだお金を全て自分のために使えますので、好きなものを買い、好きなものを食べ、あなたの好きなようにお金を使うことができます。一生独身でいることを選ぶ男性の中でも、「金銭面の自由」を一番の理由に挙げる人は多いです。

好きな趣味に没頭できる

独身男性であれば、あなたが好きな趣味に時間もお金も使うことができます。結婚すると趣味に使う時間もお金も制限されてしまいます。

夢中になって没頭できる趣味を持っている独身男性の中には、好きな趣味のために一生独身を貫く人もいます。人生の中で趣味の優先順位が高い人は、あまり結婚に向いてないのかもしれません。

自分の心配だけをしてれば良い

家族を持たずに一生独身でいれば、自分のことを心配するだけで済みます。結婚して家族を持つと一家の大黒柱として多くの責任を負うことになりますので、肉体的にも精神的にも負担がかかります。

他人の人生まで背負う自信がない人にとっては、家族を持つことが大きな心配事になりますので一生独身を選ぶ理由になり得ます。全ての男性が結婚して家族をつくれるわけではないということでしょう。

 

一生独身でいる女性のメリット

一生独身でいる女性のメリット

自由なライフプランを築ける

女性は一生独身でいることで、好きな人生を歩むことができます。結婚や子育てを意識したライフプランでは、女性の人生は年齢的に制約が多いため、様々なことを我慢して諦める必要があります。

一生独身でいることを選べば、人生も仕事も、好きなライフプランを思うように築くことが可能になります。特に仕事に本気で取り組みたい女性にとっては、一生独身でいることは魅力的な選択肢です。

いつまでも自由な恋愛ができる

恋愛至上主義の女性にとっては、いつまでも自由に恋愛ができることは重要です。自由であり続けたい女性からしてみれば、結婚して一人の男性と過ごす人生は退屈で仕方がありません。

美人で魅力的な女性でも一生独身を貫く人もいます。彼女たちにとっては、結婚して誰かの妻になるのではなく、独身の女性としてあり続けることに生きがいを感じているのです。

時間を自由に使える

一生独身でいる女性は、時間を自分の好きなように使えます。結婚して子どもを持つと家事や子育てに忙しく、自分の時間を持つことはできなくなります。

没頭できる趣味などがあり、好きに時間を使ってやりたいことがある人は一生独身を選ぶことも多いです。何か夢中になれることがある人は、結婚しなくても孤独を感じにくいのかもしれません。

 

一生独身でいる男性のデメリット

一生独身でいる男性のデメリット

結婚しないと社会的に信用されない

いまだに結婚していない男性は半人前だと世間からは見られます。結婚しないで一生独身でいる男性は、周囲からは何か問題がある人だと思われてしまうのです。

男性が結婚して家族を持つことで、自然と社会的にも信用されるようになります。周囲からの「結婚して一人前」という風潮は今後も変わることはないでしょう。

病気になっても誰も看病してくれない

若いときは心も身体も健康ですが、年齢を重ねるごとに少しずつ心身ともに弱っていきます。一生独身でいる人は病気になった時も看病してくれる人がいないので、何かあった時に支えてくれる人がいません。

一生独身でいたいと考えている人は、健康な状態が今後も続くと信じこんでいる人が多いので注意が必要です。今後の人生では病気を抱えるリスクが高くなることを、あらためて認識しておきましょう。

孤独な人生が老後まで続く

一生独身でいる人生は孤独です。周囲の友人が結婚して家族を持つ人生を過ごしているようであれば、恐らく疎遠になっていくことでしょう。親が亡くなった後には、天涯孤独な人生を過ごすことになります。

一生独身でいる男性は、結婚した男性よりも寿命が短くなると言われています。孤独な人生というのは、長く続けるにはあまりにもつらく、そして寂しい選択になるのかもしれません。

 

一生独身でいる女性のデメリット

一生独身でいる女性のデメリット

親や周囲からのプレッシャーがつらい

女性が独身のままでいると、親や周囲から結婚を意識させるプレッシャーが強くなります。親や周囲も良かれと思って結婚を勧めているのですが、独身女性にとってはつらい体験をすることになるでしょう。

結婚していない女性は、周囲からは「結婚できない女性」と見なされることが多く、独身でいることにストレスを感じるようになるかもしれません。本当に結婚しづらくなるアラフィフ近くの年齢になるまで続きますので、耐えきれずに結婚する女性も少なくありません。

一人で働き続けないといけない

一生独身でいるということは、一人で働き続けてお金を稼がないと生活ができません。結婚すれば男性に支えてもらうことができますが、一生独身でいる女性は自分一人が頼りです。

女性が高齢になるまで働き続ける環境は、残念ながら今の日本では十分に整っていません。恵まれた職場環境で働いている人は一生独身でいることも可能ですが、非正規など不安定な職場環境で働いている人は、将来抱えるリスクに注意しておく必要があります。

母親になることができない

誰とも結婚せずに一生独身でいる人は、母親になることはできません(未婚の母などは除く)。出産・子育てを通じて、愛するパートナーと一緒に「家族をつくる人生」を選ばないということです。

多くの女性は独身から母親になることで、価値観が変わります。一生独身でいることを考えていた女性も、偶然のきっかけで結婚して子どもを授かったことで、それまでの価値観がひっくり返ったと言います。母親になるということは、女性自身も生まれ変わることができる経験なのかもしれません。

 

 

あなたが本当に満足する人生を選択しよう

一生独身でいることのメリット・デメリットを、男性と女性それぞれの視点でご紹介しました。あなたが共感できることはありましたか?

結婚することも一生独身でいることも、その人に合った選択であれば、どちらでも満足する人生を送ることができるでしょう。しかし一番不幸なのは、本人が望んでいない人生を歩むことです。

 

もし本当は結婚して家族を持ちたい人が、良い相手が見つからないからという理由で、安易に「一生独身」を選ぶことはやめましょう。もし生涯のパートナーを見つけたいのであれば、「婚活サイト比較&ランキング!ネット婚活おすすめ10選」に人気の婚活サイトを詳しく紹介していますので必ず確認してください。


×

 
×
パスワード再設定
×

Go up