婚活 成功

将来は結婚したいと考えているけれど、いまは恋人がいないので、「婚活」に興味を持っている人は多いと思います。

これから婚活を始めようか迷っている方は、まずは「婚活とは何か?」「どうして多くの人が婚活をしているのか?」「どんな婚活をしたら良いのか?」を理解することが重要です。間違った婚活の方法を選んでしまうと、結婚を逃してしまう危険があります。

そこで、婚活初心者が婚活成功のために知るべき下記の3つのことについて詳しく解説していきます。

1.婚活の意味と歴史
2.結婚に関するデータ
3.恋活・婚活の種類と比較

 

1. 婚活の意味と歴史

婚活の意味と歴史

婚活を始める前に、そもそも「婚活とは何か?」その意味と歴史を理解しておきましょう。

1-1. 婚活の意味

婚活とは「結婚活動」の略称で、結婚するために必要な行動を意味しています。就職活動(就活)に見立てて、社会学者である山田昌弘さんが考案・提唱した造語です。

参考までに、英語で婚活を意味する言葉は「marriage hunting」です。就職活動(就活)は英語で言うと、「job hunting」ですので言葉の由来としても辻褄があっています。

1-2. 婚活の歴史

はじめて「婚活」という言葉が誕生したのは、2007年に発売した「AERA」だと言われています。その後、山田さんと白河桃子さんが執筆した『「婚活」時代』において、「結婚できないけれどしたい人」が増加している日本社会の問題を提起しました。

その2年後の2009年には、NHKやフジテレビで婚活を描いたドラマが描かれ、流行語にノミネートされるなど、婚活という言葉が一気に世間に認知されたのも記憶に新しいかと思います。

その後、婚活の王道と呼ばれている「婚活パーティー」「婚活相談所」「婚活サイト」に加えて、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントである「街コン」や、Facebookと連動した婚活サイト(アプリ)など、様々な婚活の方法が誕生しつづけています。

この約10年の間に「婚活」が一気に世間に浸透し、今や結婚したい適齢期の男女が婚活をすることは当たり前になっています。

 

2. 結婚に関するデータ

結婚に関するデータ

次に「どうして多くの人が婚活をしているのか?」について、「生涯未婚率」「男女別の未婚率」「平均初婚年齢」「独身にとどまっている理由」をデータから紐解いてみましょう。

2-1. 生涯未婚率の変化

生涯未婚率(総務省 「平成22年度国勢調査」より)

生涯未婚率の変化(総務省 「平成22年度国勢調査」より)

まず「生涯未婚率」とは、「50歳になった時の未婚率」を意味します。国勢調査によると、2010年には男性の生涯未婚率は18.9%、女性の生涯未婚率は9.7%と右肩上がりに増加しています。これは、男性は5人に1人、女性は10人に1人が、一生結婚できないという状況を意味しています。

2015年に最新の国勢調査が行われますが、おそらく男女とも、生涯未婚率の増加傾向は継続している状況を予測できます。

2-2. 男性の年齢別未婚率の変化

男性の年齢別未婚率の変化(総務省 「平成22年度国勢調査」より)

男性の年齢別未婚率の変化(総務省 「平成22年度国勢調査」より)

男性の年齢別に未婚率の変化を見ると、25-39歳の未婚率は1970年代から増加し続けていることがよく分かります。2010年の35-39歳の男性の未婚率は37.1%となっており、40歳になっても5人に2人は結婚していない状況です。

25-29歳では約7割(72.8%)、30-34歳では約5割(48.8%)の未婚率となっており、どの年齢でも過去最高の未婚率になっています。

2-3. 女性の年齢別未婚率の変化

女性の年齢別未婚率の変化(総務省 「平成22年度国勢調査」より)

女性の年齢別未婚率の変化(総務省 「平成22年度国勢調査」より)

女性の年齢別に未婚率の変化を見ると、男性と同様に、どの年齢でも1970年代から未婚率は増加し続けています。2010年の25-29歳の女性の未婚率は約6割(61.3%)となっており、過去最高ではありますが未婚率は高止まりしつつあります。

その代わり、30-34歳の女性の未婚率は約4割(35.7%)、35-39歳では約2割(24.4%)と近年では増加傾向が目立っており、30代での未婚率が高まっています。

2-4. 平均初婚年齢の変化

平均初婚年齢の変化(厚生労働省 「平成25年(2013)人口動態調査」より)

平均初婚年齢の変化(厚生労働省 「平成25年(2013)人口動態調査」より)

上記のように未婚率が進むことで、はじめて結婚をする年齢(平均初婚年齢)も上昇を続けています。2012年において男性は、30.8歳、女性は29.2歳と男女ともに「約30歳」が平均初婚年齢という状況です。

2-5. 調査・年齢別にみた、独身にとどまっている理由

調査・年齢別にみた独身にとどまっている理由[18-24歳](国立社会保障・人口問題研究所 「第14回出生動向基本調査」より)

調査・年齢別にみた独身にとどまっている理由[18-24歳](国立社会保障・人口問題研究所 「第14回出生動向基本調査」より)

それでは、未婚者は「なぜ結婚しないのか?結婚できないのか?」という理由を表しているのが上記のグラフです。18-24歳においては、男女ともに「まだ若すぎる」「まだ必要性を感じない」「仕事(学業)にうちこみたい」という明確な結婚しない理由を持っています。

 

調査・年齢別にみた独身にとどまっている理由[25-34歳](国立社会保障・人口問題研究所 「第14回出生動向基本調査」より)

調査・年齢別にみた独身にとどまっている理由[25-34歳](国立社会保障・人口問題研究所 「第14回出生動向基本調査」より)

ところが25-34歳になると、「適当な相手にめぐりあわない」という結婚できない理由へと変化していきます。「結婚資金が足りない」という金銭的理由や他の結婚しない理由と比較しても、男女ともに「適当な相手にめぐりあわない」ことが最も割合が高く、未婚者が独身にとどまっている最大の理由なのです。

つまり、未婚者にとって最も必要なことは、「適切な相手にめぐりあう」ことだということが、データからも分かります。未婚率が過去最高に進む現代の日本社会において、未婚者が「適切な相手にめぐりあう」ために必要な活動が「婚活」なのです。

 

3. 恋活・婚活の種類と比較

恋活・婚活の種類と比較

「適切な相手にめぐりあうため」には、どんな婚活をしたら良いのでしょうか?結婚を意識しない出会いである「恋活」と、結婚を意識した出会いである「婚活」に分けて比較しながら整理してみましょう。

3-1. 恋活の種類

3-1-1. 日常での出会い(地域・職場・学校・習い事)

地域、職場、学校、習い事など、普段の日常生活で関わりあいのある人から相手を見つける方法です。しかし、人によって日常で関わる結婚適齢期の異性の数は違いますので、恋活が成功するかは、その人の生活環境に大きく影響しています。

3-1-2. 友人からの紹介(合コン・街コン)

友人から知人を紹介してもらう方法です。友人と合コンや街コンなどに参加して、お相手を見つけることも多いでしょう。この方法は、友人の数・年齢・状況によって、良い相手とめぐりあえるかが決まるでしょう。

3-1-3. 出会い系・恋活サイト(ネット恋活)

インターネットを活用して相手を探す方法です。多くの人と出会えるチャンスはありますが、相手が信頼できるか、交際して結婚までつながるかは、しっかり相手を見極める必要があります。

3-2. 婚活の種類

3-2-1. 婚活サイト(ネット婚活)

婚活サイトとは、インターネットを活用して、結婚相手を探す方法です。出会い系・恋活サイトとは異なり、本人確認が必須な婚活サイトも多く、ネット婚活とはいえ、安心して出会いをつくれることが特徴です。いつでもどこでも、時間や場所を選ばずに、隙間時間を活用して婚活を進めることができます。

婚活サイトについての詳しい詳細は、「婚活サイト初心者が知るべきこと3選」にまとめていますので、婚活サイトを使う前に必ず確認をしておいてください。

3-2-2. 婚活パーティー(婚活イベント)

婚活パーティーとは、数十人程の男女が集まって顔を合わせて話をし、お互いが気になる相手とめぐりあう方法です。婚活パーティーでは、合コン・街コンと比べて、より婚活に真剣な人と1回の参加で数多く出会えることが特徴です。

婚活パーティーについての詳細は、「婚活パーティー初心者が知るべきこと3選」にまとめていますので、婚活パーティーに行く前に事前に知識を得ておくことをオススメします。

3-2-1. 結婚相談所

結婚相談所とは、カウンセラーと一緒に相手を探せることが主な特徴の結婚サービスです。他の婚活方法と比べても高額の費用を支払って入会するため、結婚前提の相手を見つけて、短期間で交際・婚約・結婚まで進みやすくなります。

結婚相談所についての詳細は、「結婚相談所を初めて使う人が知るべきこと3選」にまとめていますので、結婚相談所を探す前に一通り目を通しておくと良いでしょう。

 

詳しい知識を得ることが婚活成功の近道

この記事を読んだ人は、「婚活とは何か?」「どうして多くの人が婚活をしているのか?」「どんな婚活をしたら良いのか?」のイメージがつかめたかと思います。

未婚率が進む日本社会においては、「婚活」は決して恥ずかしい活動なのではなく、適切な相手にめぐりあい、結婚するために「必要な活動」です。婚活について役立つ情報は「婚活まとめ」にも一覧で掲載していますので、あなたが興味がある情報をチェックしてください。

 

婚活の必要性を理解した人は、婚活を成功させるためにも、より詳しい婚活の知識を手に入れましょう。

婚活サイト初心者が知るべきこと3選
婚活パーティー初心者が知るべきこと3選
結婚相談所を初めて使う人が知るべきこと3選


×

 
×
パスワード再設定
×

Go up