【ネタバレ画像10選】31歳ゲームプログラマーが婚活するとこうなる

「31歳ゲームプログラマーが婚活するとこうなる」は、漫画家の御手洗直子さんが描いた婚活漫画です。

実はこの御手洗直子さんは、以前「31歳同人女が婚活するとこうなる(31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる)」という自身の婚活体験を赤裸々に漫画にして、非常に人気がある漫画家さんです。

この「31歳ゲームプログラマーが婚活するとこうなる」は、その御手洗直子さんの夫である男性婚活者の視点で婚活体験談が描かれているため、婚活者の間で非常に話題になっています。

 

そこで今回は、「31歳ゲームプログラマーが婚活するとこうなる」の中で、婚活者に役立つネタバレ画像を10個ご紹介します。

これから婚活する人にとっては非常に役に立ち、婚活中の人にとっては「婚活あるある」という話題が多いので、ぜひチェックしておきましょう。

 

1. 婚活サイトで返事が来ない男性、メールが来すぎて返せない女性

婚活サイトで返事が来ない男性、メールが来すぎて返せない女性

婚活サイトで「男性は申し込みメールの返信が全く来ない」という婚活体験談です。実は婚活サイトは、男女で申し込みメールの状況は正反対です。女性は婚活サイトに登録すると、新規登録の女性を狙っている男性たちから、一斉に数十〜100通(人気の女性は1000以上)の申し込みが来ます。

そのため女性は来ているメールに全て返信することができず、男性にはメールの返信が全く来ない状況になります。なので婚活サイトでは「男性が良いなと思う女性に積極的にアプローチし続ける」ことが基本的な仕組みになっています。

 

2. 婚活サイトのプロフィールを好印象にする鉄則5つ

婚活サイトのプロフィールを好印象にする鉄則5つ

婚活サイトのプロフィールを好印象にするには、下記の5つが重要だという婚活体験談です。

①写真は大事(笑顔+人柄がわかる写真が有効)
②プロフィールは長すぎず・短すぎず
③自分の好みは限定しない
④ネガティブなことを書かない
⑤不都合な真実は語らない

婚活サイトでは、プロフィールでお互いに「その人の印象」と「メッセージ交換(メール)をするか」を決めます。そのため、婚活サイトのプロフィールの印象を少しでも良くすることは、婚活者の最重要事項の1つです。

 

3. 婚活サイトのコピペリサイクルメールの書き方3つ

婚活サイトのコピペリサイクルメールの書き方3つ

婚活サイトでは多くの異性とメールをするため、時間短縮のために文章をコピペして再活用する「コピペリサイクルメール」が重宝されています。そのコピペリサイクルメールの書き方として、下記の3つの構成に分けることを紹介しています。

①申し込み目的(あなたと話したいと思った理由)
②自己紹介(自分語りはあとで)
③お返事欲しいですアピール(お返事を催促)

またメールに相手の名前を入れて一括置換するなど、役立つ婚活テクニックも体験談を交えて解説しています。

 

4. お見合いデート(初顔合わせ)で当日ドタキャンされる

お見合いデート(初顔合わせ)で当日ドタキャンされる

婚活で最も辛かった体験として「自分を確認した上で、待ち合わせ場所にこない」を紹介しています。

婚活サイトで「マッチングして」「メールのやりとりをして」「初顔合わせの約束をして」「待ち合わせ場所まで行って」「自分の姿を確認されてドタキャンされる」という、精神的にダメージが非常に大きい体験です。

婚活では辛い体験をすることも多いですが、お見合いデート当日でのドタキャンは特に辛いです。もし相手にドタキャンをされた人は「そんな失礼なことをする相手とは縁がなかった」と気持ちを切り替えましょう。

 

5. 婚活でお断りされる理由は相手によって様々

婚活でお断りされる理由は相手によって様々

婚活では、最終的に結婚する相手以外の人たちと「お断りをする」「お断りをされる」ことの連続です。その婚活中の女性にとっての「お断りする理由(許せないポイント)」を6つ紹介しています。

①車持ってない人お断り
②オシャレじゃない人お断り
③お昼をランチという人お断り
④四大卒じゃない人お断り
⑤公務員じゃない人お断り
⑥気配りできない人お断り

婚活で出会った相手の「お断りする理由(許せないポイント)」は、人によって大きく違いがあります。どうしても相手の条件に合わない場合は、いさぎよく諦めることも時には必要になるでしょう。

 

6. 婚活ファッションは脱オタク&シンプルに

婚活ファッションは脱オタク&シンプルに

婚活ファッションは、普段オシャレに気を使わない人にとっては大きな悩みのタネです。オタク男性で婚活ファッションのコーディネートが分からない人は「脱オタファッションガイド」という本を読むことをオススメしています。

ファッションで参考にすべき、色・形・ジャンルなどの基礎知識を身につけることができます。婚活で必要な最低限の身だしなみマナーを知り、相手からお断りされる理由を減らしていきましょう。

 

7. 婚活ダイエットは運動&食生活改善

婚活ダイエットは運動&食生活改善

婚活を成功させるために、婚活ダイエットに励んで1年で24kg痩せた体験談を紹介しています。

具体的な婚活ダイエット法としては、「自転車による運動」「青汁ダイエット」などを駆使して、苦しみながらも継続されたそうです。

体重が重めの人にとっては、婚活ダイエットは非常に有効な手段です。引き締まった身体になれば、あなたが好意を持った相手が振り向いてくれる可能性も高まることでしょう。

 

8. 婚活費用で月10万円近く出費する

婚活費用で月10万円近く出費する

毎週末8人と婚活デート(お見合い)して、婚活費用に月10万円近くかかった、という婚活体験談を紹介しています。

1人の相手との婚活デートで予算2,000円、それを毎週末8人とすると毎週16,000円、月に4回週末があるとすると64,000円かかる計算になります。

さらに婚活のためのファッション・美容代・交通費などもかかりますので、本気で婚活すると月に10万円かかるというのは決して大げさな金額ではありません。婚活はお金がかかるもの、と割りきって短期間で集中して取り組むことが重要です。

 

9. 婚活で音信不通になった相手に「お久しぶり」メール

婚活で音信不通になった相手に「お久しぶり」メール

婚活で自然消滅してしまった相手に、再度メールを送信する婚活テクニックについて紹介しています。

相手が当時本当に忙しかったり、また別れてフリーになったりするなど、タイミングによっては返事が返ってくることもあります。

婚活で音信不通になった相手にも、返事が返ってこない前提で「お久しぶりメール」を送るのは有効な婚活テクニックだと言えるでしょう。

 

10. 婚活は数年がかり&複数婚活サイト活用&マッチング成功率1%前後

婚活は数年がかり&複数婚活サイト活用&マッチング成功率1%前後

婚活で結婚するまでの、具体的な活動数値も紹介しています。

・婚活期間:ほぼ5年
・使用婚活サイト:4つ(他、婚活パーティーなど)
・メッセージをやりとりした人数:1000人超
・ちゃんとやり取りできた人:30人ぐらい
・2回めのデートまで行けた人:10人ぐらい
・付き合った人数:5人

1000人にメッセージを送って、マッチングに成功した人は30人(0.3%)というのは、婚活男性にとっては平均的な成功率でしょう。

「100人に好意を伝えて、1人から好意が返ってくる」のは成功率1%程度が普通だと認識すれば、積極的に婚活に取り組むことができます。

 

マッチングに成功した相手とは、2回目のデートに行ける確率は約33%、付き合える確率は約16%という計算です。1番大変なのは「マッチングするまで」なので、婚活男性は複数の婚活サイトを活用してチャンスを広げ、諦めずにアプローチを続けることが重要です。

 

婚活男性も婚活女性にも参考になる、婚活漫画の名作

今回ご紹介した「31歳ゲームプログラマーが婚活するとこうなる」のネタバレ画像の中で、あなたにとって1番役立ちそうな婚活体験談はどれでしたか?

本書は婚活男性の赤裸々な体験談が掲載された、貴重な婚活漫画エッセイです。婚活男性が参考にするのはもちろんですが、婚活女性にとっても婚活男性側の気持ちが分かる名作ですので読んでおくことをオススメします。

 

また本書でも紹介されている「婚活サイト」は、無料でも気軽に婚活を始めることができます。いま特に人気がある婚活サイトを「婚活サイト比較&ランキング!ネット婚活おすすめ10選」で紹介していますので、ご確認ください。


×

 
×
パスワード再設定
×

Go up